10夜の夢コンサート

最後のステージも天井席から見守る。
あの高さじゃ雲上の女神にでもなったつもりで
穏やかに見守るしかなく、参加、一体感は程遠い。

特にDVD撮る日は、下にあるカメラに顔を向けるから、
スタンド上方は放置状態。

全体の構成を楽しもうと思っても、
赤西くんが二度もアリーナを横断してたら、
オペラグラス通しても、顔形も見えない天井席は羨むよね。

三塁ダッグアウトの上に亀ちゃんが上がったりすると、
なぜ私が座ってた昨日じゃなくて、今日なのって、唇を噛む。
までは行かないけど、かなり不公平感は募る。

交換サイトで、アリーナばかり何度も当たったからスタンドに交換求む、
なんてコメント読むと、七組中6組天井席が送られた私は
ジャニーズ事務所に火を点けたくなる。
おかしいよね、確率的に。
天井席3分の1としても、6回連続は729人にひとり、
見られないよりはマシと殺意を収めるのだが。

いろいろ見応えはあったけど、
やっぱり亀ちゃんの男女早変わり、
空中回転花火、水で色を変える衣装、
ずぶ濡れフライングなど体を張った派手なテンコ盛りソロと
仁くんでしょう。

よく水がも滴るいい男って言うけど、絵に描いたような艶姿
ここまでやるかっていうくらい根性見せてくれたよね

仁くんは天才を見せつけた。
衣装はその辺歩いてそうに地味で普通だし、
女性ダンサーとPVバックに踊ってるだけなのに、
照明も上手いけど、存在感に目がくぎづけ。

普通に歩くだけで世界感を表現できる天才。
アイドルを超えて、アーティストとしてJr達が憧れる理由ですね。
是非お二方のソロコンサートをみたいものです。

今回のセットは東京ドーム史上最高に大掛かり?
水、炎、花火、バルーンは今までも在ってもあれほど大きなスクリーンや、
仁亀の100メートル近い高速Wフライングは無いでしょう。。

日曜日に二人が噴水でずぶ濡れになって慌てて、
冷たいよ~って歌ったのは面白かった
スタッフ後で打ち合わせなーとか仁が言ってたから、
かなり担当さんはびびっただろう。
月曜日はあんまり噴水出なかったのが、その証拠

ただ、立っているだけなのに、観戦がこんなに疲れるもんだとは、
3日目くらいから実感しました。

亀ちゃんのパフォーマンスなんでハラハラ、ドキドキ
手を握り締め、呼吸を止めて舞台から濡れて掃けていく後ろ姿で
ホーとやっと息をつく緊張感

他の四人ももちろんいい個性で楽しませてくれたし。
夢の時間に浸ると、それが本来の私で、逆に、明日からの普通の日々が、自分の仮の姿に思えるくらい

はかない夢の10夜
いつまでも覚めないでいたかったなあ
年をとらずにね、お互い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック