ドリボ鑑賞日記 24 日昼亀様の甘い香り

今日はS列下手だったので、
ガウン姿で目の前を亀様が通る

手を伸ばせば触れる距離だけど
試合前の緊張感漂わせた演技中
息をつめて見守る

光輝く色白の頬に鋭くなった顎
結んた小さな薄めの口元
横顔が神々しく美しい

ふんわり包む前髪がライトが当たると
金色に映えて、
人間離れした天使?

お通り後に一瞬漂う、ほのかな甘い香り

今日はその一瞬のために行ったようなもので

千秋楽が迫り、だんだん締まってきた印象
亀ちゃんバンジーも回数が増え、最後飛び越しの後、5回転
体操選手のように足先まで真っ直ぐに伸びて、
華麗で迫力あります

MCは残り少ない公演、
中丸くん紹介のボケ方
突っ込みに話題集中

「ちょちょちょ…・・・・ちょーい」
だったかな

昨日夜、中丸くんのフレーズが気に入った亀ちゃんが、
「今思いついた」と嘘ついて
「なぜ、自分ものにしたがる?」
ここんとこ、強気のツヨッチ
と呼ばれています。

本当には一番まともに、やろうとしているだけなのに
時間が伸びると、ペンライトで合図するらしいのですが、
「ちょっと待て、ドクロのライト振ってる!
スタッフさん遊ぶの止めませんか」
亀ちゃんに「俺たちが時間守らないからだろ」
突っ込まれてました。

今日は完全に秋の空気
のどが乾燥し、中丸くんの髪が落ち着いている
と言ってましたが、
亀ちゃんが頭をはたいたら、
ビチャと水が飛ぶほど、汗が根元に溢れてたそうです

何と言う内容も無いんだけど、
楽しそうな3人を見てるだけで癒されます

たまたま、昨日のラジオでも言ってたけど、
「今までは何をしてもシーンとしてたけど
客席の拍手とかで、微妙に芝居も変わってくる
それが、今回のドリボで感じていること」

観劇に行く皆様
客席が敏感に反応してくれると嬉しそうです
拍手もドリボを作る大切な要素
心して応援を送りましょう

あと、今回のカーテンコールで感じるのですが、
そもそも、カーテンコールとは
作品の素晴らしさに観客が総立ちで賞賛の拍手を送り
それに応えて、出演者が再び現れるという場面

拍手しながら座ったまま、
幕が上がってから、ざわざわと立ち上がるより

いったん幕が降りたら
「ブラボー!」とか叫び?拍手しながら立ち上がって
幕が上がって出演者が出てきたときは
全員が立っていて、拍手が一層強まる

のほうが、カッコよく締まると思うのですが、いかがでしょうか

もちろん、私は恥ずかしながら、いつも一番最初に立ってます
それと、ボクシング後の裸の胸の汗を
オペラグラスで一心にガンミしているのも私ですけど
なにか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック