テーマ:温泉

福島のんびり旅

舞台の疲れを癒す温泉 出演してる訳じゃないけど、 毎日通ってて二キロ痩せた 福島の定宿にまず二泊 定期的に募金をしたり、温泉に来る度に果物や農産物をどっさり買い込んで、 家族や友人に配っている 震災の翌月にはお見舞いがてら訪ねていたが、 観光気分で被災地に行くことに抵抗があって、 今まで浜辺には向かえなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島温泉とサクランボ旅

毎年恒例さくらんぼ狩り、 山形や山梨、福島たくさんの果樹園を食べ歩いたが、 1番のお気に入りは、米沢の中山果樹園の佐藤錦 とにかく大粒でジューシー。甘味が強いけど、 クセが無く、果肉が分厚く柔らかい やや黄色い実でも酸味はあるけど、程よく甘味と絡んでさっぱりしてる 今年もランチ代わりに、ひたすら食べ続けた 皮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島のさくらんぼ狩りと温泉

もう10年近く通い続けている温泉宿 古びて木造の床も壁も歪んで建付けも悪くなっているけど、 落葉樹に囲まれた木立のかけ流しの露天風呂が極上の空間 バスタオルや浴衣は自由に使い放題、飲み物は持ち込みOKで、 何より部屋の鍵を二ついただけるのが、複数で泊まる人にはありがたい 今年は大雨が続いた後で、珍しく源泉が源泉がぬるくて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒いさくらんぼ

毎年、来てるさくらんぼ狩りだが、 今年は大異変 さくらんぼ狩りにハマった原点の 米沢のN農園が、 不作の為に今年は、出荷も開店もしないと言う 横浜から楽しみにはるばる来たというのに、! 言われて見れば、毎年真っ赤に輝く実が ほとんどまばらで、色も黄色い 宿から、50キロ走り、空腹を抱えて呆然 農家の方の悲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で一番怖い吊橋、かずら橋

47都道府県を泊まり歩き、徳島で全制覇となった 怖い吊橋も数えきれいほど渡ったが 四国山奥のかずら橋は日本一怖い 四国の山は高さはないが、険しく迫り、 斜度が厳しい 平家の落人が、吉野川に沿って山奥に住み着き、 いつでも切り落とせるように、 かずらのつるで作ったったと言い伝えられている 本当か嘘か知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳴門うずしお温泉で年越し

初日の出は東の水平線に面した海辺の宿、 温泉があれば、更に好ましい 白く冠雪した富士山を空から堪能し、 徳島へ 渦を窓から眺められる、ルネサンスリゾート鳴門 四泊5日、2日に帰ります 主なレストランだけで五ヶ所、 テニスコートや釣り堀、大谷焼き体験など、 アクティビティも充実して 三泊以上すると、昼食も、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最後の温泉宿きらの里

お客様、当館は何度めの里帰りでいらっしゃいますか? 「きらの里」は旅番組でよく紹介される 人気の温泉宿 昔話に出てくる古里の民家の離れ風 大正時代の田舎にタイムスリップしたみたい 15時15分と早いチェックインなのに、 もうロビーには人が一杯 説明を受けて、好みの色、柄の浴衣や作務衣を受け取り、 広い敷地を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらんぼを欲張り、転落負傷

さくらんぼ狩は、アルミの軽い三脚に上り 高い場所の陽当たりのいい、完熟した赤い実を狙う 取りやすい低い枝は、子供や先客が食べ尽くしてるのだ 2メートル程の三脚のてっぺんに腰掛け、 手の届く範囲の赤い実を選び、 ゆっくり食べ尽くすと場所を移動する 重たげに木から下がる実は 赤く艶やかに輝き甘く愛らしい 宝石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また箱根ですが

めったにないけど、たまにスイートルームに泊まる 今日の宿は約80�と、今までで一番広いかもしれない 普通のツイン三個分くらい 調度品はシックでゆったりと新しく、 キッチンがないぶん、 バス、トイレは我が家よりずっと広々、 ダイニングや収納スペースなど 使い道がないのに空っぽで置いてある 空間は快適そのもの 心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の美しさは変わりません

大好きな福島が、大変なことになっている 風評被害で産物が売れず、 観光地は閑古鳥、放射能に汚染されてると言われて、人も者も、心も経済も被害を受けている 私は今、渋滞の中、福島の温泉に九時間かけて、 泊まりに来て、 野菜や魚を食べ、お土産に買って帰る 微力ながら、ボランティアで行き先を探したけど、 遠方から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大震災の合間に

震災後、被災地の皆様はもちろん 停電などそれぞれに大変な思いをされていると思います。 肉親や友人、家財を失った被災者の皆様には 心からお悔やみ申し上げます 夫は震災後の日曜日から5日間、 被災地の救援に行き、 休みなく働き、明日からまた8日間宮城に働きに行く。明日から被災地で1日中働き、寝袋で床に寝る夫が 「せめて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お気に入り温泉 高湯

唯一、毎年あるいは年に2回通っている旅館 6月に母を連れて湯治したら わずか二日で母の足の痛みやむくみが取れ、 よちよちと覚束ない足が、帰りはルンルンで歩いた まるでルルドの聖水のように 身体の調子がおかしくなるごとに 「もう一回行きたい」 11月は紅葉も終わり、 雪も降るかもしれない観光には適さない時期だけど 骨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨身延山久遠寺

久遠寺の287段の階段はきつい 一段が30cm近くあるし、傾斜角が急で怖い さすがの光一くんでも、階段落ちしたら死にます ツアーも終わり、そろそろ夫のご機嫌取りに温泉に来ている 山梨の川浦温泉の山県館 昔、皇太子が泊まったのと、 掛け流しの豊富な湯量が自慢らしい 確かに42℃と温度もピッタリ、熱すぎず PH9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の最後は伊那でゆったり個室露天

宿は旅の印象を左右する重要な要素 原則として、旅の始まりと終わりを優雅な宿にする 途中で悲惨な宿にめぐり合っても、 最後は豪華にエンジョイできると解っていれば、 「ま、これも貴重な体験だ」 に笑い飛ばせる余裕が生まれる 今回の最後の宿は長野の下伊那「山翠」 個室露天風呂付き、日本庭園が美しい 1泊2万し以下!お勧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井の温泉宿秘湯巡り虹岳島

KAT-TUNイベントの翌日から5時起き 昼過ぎには若狹湾に出た もちろん昼食は海鮮 日本海さかな街で地魚の回転寿司 この時期、ばふんうにが旬と書いてあったが 市場中探し回ったが 影も無く 僅かに北方四島産がちらほら 市場のお兄さんに聞いたら 力強く「無い!」 嘘書かないでね、るるぶさん しかし、きんきやぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらんぼ狩りと温泉 福島親孝行旅

このブログに何度も書いているお気に入りの温泉宿 遂に今年は母親を連れて行く 夫と3人だと、ひがんだり、淋しがったりするので 姉に同行を頼む 結果として、一晩で、母が長年悩み続けている むくんだ手足が細くなり、動きやすく変わった! お気に入り温泉の効能も最上級 何度も書いているが、 林の中で森林浴と横を流れる小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐の下田温泉

嵐の中、太平洋に飛び出した伊豆の先端、 下田の高台に来ました。 露天風呂からは、 白波を立てる入り組んだ湾の彼方に 伊豆七島が見えます 手前の砂浜の内湾は、波静かなのに 風はゴーゴー荒れ狂い 10m先の外湾はテトラポッドに 2mもの波がぶつかり、砕けています 湯気を追い払う風に吹かれつつ 湯加減も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の山も湖も霧の中

本格リゾートホテルでくつろぐ、 露天風呂温泉は快適 鄙びた一軒宿が好きで、 箱根は近すぎてあまり泊まらないが、 30年ぶりにプリンスホテルに泊まり、 霞みにしずんだレイクビューの幻想的な美しさを堪能 露天風呂は広々して、 湖に面して開放感あり やや熱すぎだけど 夕食はメインダイニング、トリアノン 昔は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の鳴子峡 東北の紅葉は色鮮やか

ピークは先週で落葉が多かったけど、 茶色やグレーに枯れた木々の合間に染みるように赤い紅葉に出会うと、 はっとする彩り、艶やかさがある。 風に煽られ、空を埋め尽くして ざわざわと落ちる圧倒的な枯葉は茶色い雪が舞うようだ 鳴子は紅葉で有名な渓谷だけど、今、川沿いは通行止め 落石の危険防止のためだと思うけど、 両側にそそり立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋味のプリンスまつたけづくし

母親に一度は食べさせてあげたい って思ってたまつたけ尽くし 妹も付き合ってくれて、今年やっと実現! 長野県の別所温泉近く、丸光園 去年は氷川きよしが、テレビで紹介してた まつたけ尽くしも、四回め 中には中国からの輸入品を使う店も あるらしいので注意が必要だ 最初に焼きまつたけ、シンプルに塩と酒を振った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100分リフレ付き箱根ホテル 快眠の癒し

厚い夏の一番混む時期に箱根の温泉に行かなくても・・・ 前日に予約したものの、 この時期空いてる宿なんていい宿じゃないよ、きっと などと、あまり、気乗りせず、 「渋滞避けてお昼ごろじゃないと出たくない」 などわがまま放題で出かける 11時半ごろ、東名に乗るとスイスイ 意外と早く12時半には御殿場に着いてしまった い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉と桃とみずこぶ

夏の旅に温泉は向かない。 焼ける陽射しの露天風呂は拷問、釜茹での刑だから なのにまた、温泉宿に泊まってる。 曇りで緑の高原なら、夕焼け空を見上げて入る露天風呂は 格別の癒し キャンセルがあって、お気に入りの宿が取れた! 普段は5時間の道が連休で渋滞して、9時間掛かって、 途中で引き返そうかと思ったくらい 大好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田の秘湯は日景温泉

函館から今度は青森までフェリー ちょっぴり贅沢に一等個室で32300円。 約4時間ベッドで寝ながら楽して帰ろうと 甘かった 修学旅行の小学生に乗り合わせ、かなり離れていたけど、あの騒音レベルは熊まで逃げ出しそうに船中に満ちていた。 二段ベッドの四人部屋に二人、 一応テレビや洗面、浴衣、寝具まで整い、 寝る体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖水と混然の秘湯 支笏湖温泉

支笏湖温泉のウリは、湖の水位と一体化した、露天風呂 一番水位が上がると、胸の上、140センチにもなると言う 。こどもは溺れる深さ この日は小雨ながらも風が吹き荒れ、 荒海とみまごう1メートル近い高波がザブーンと岸を叩く。 この日の深さは110センチ 床は湖の砂利、下から湯が吹き出ると、 ところどころでビー玉みたいな小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江差から松前 白内温泉

自分で気ままに回る旅はまっさらな気持ちで見るのは難しい 行って見ようという気持ちになるのは、そこに期待する先入観や知識があるからで、 何も考えずに車を走らせることはない。 期待以外の素晴らしい出会いもあるのですが 江差と言えば鰊御殿、 松前と言えば、一万石の格式の城跡。 松前藩は江戸時代唯一の米ではない商品経済を基盤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道南の名湯 銀婚湯

湯は今まで行った旅館ではトップクラス。 桂やどんぐりの林を抜けて数分歩いて行く、四つの貸し切り露天風呂が最高 無料だし、吊橋を渡ったりそれぞれ趣向を変えている。 気持ちよい林の小道を散歩しながら、川沿いを進むと、 トムソーヤのツリーハウスのような自然に溶け込んだ小屋が現れる。 丸木の湯舟や渓流の隠れ家風など、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらんぼ&福島温泉定宿

毎年、何度もさくらんぼ狩りにトライ 時期がぴったり旬に合っても、 どうしても、最初の感動の味に出会えない 甘さといい、大きさといい、香りとコクといい・・・ 今回も初日は狙い通り、口開けの日に当たったものの 接木でも老木と若木とでは、実のなり方も味も違うなど いろいろ教えていただきつつ、食べ比べしたが やはり、いまひとつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関ジャニ8ロケの箱根老舗温泉 三河屋

ジャニーズと旅行のブログ合体編1 金曜の夜、温泉に行きたくなって、 そうだ、関ジャニがルポしてた老舗宿、箱根にあった! クラシック宿好きとしては一度泊ってみたかったのだ 一点、気になるとしたら前の日でも空いてること 空いていたのは旧館、設備が古い母屋 バスなし、和風トイレのみ 新館は露天風呂付きなど、快適らしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形の吾妻屋旅館も秘湯だったよ 

新高湯温泉の吾妻屋は車で1時間くらい 間違えて福島の吾妻屋にやってくる客も多いらしい 山形の吾妻屋に間違えて行ったら 来た道が過酷だっただけに 虚しく戻ることを思うと、さぞやがっくりするだろう 春スキーもできる山奥から さらに一部未舗装の急カーブ坂をのぼる 四輪駆動じゃないけど、登れるのか? 少しでも止まると、後ずさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うすずみ桜 穴場温泉ホテル?

樹齢1500年の名木 淡墨(うすずみ)桜は岐阜県の根尾谷にある 川沿いに山奥を進むと20キロ先から案内サインが出てる 混んでる昼間を避けて、神代桜や郡上八幡に寄り道したので、 時刻はもう5時、 寒いし、あいにくの雨なのに団体バスはまだ数台残っている 人手で足元もぬかるむ 観光地によくあるように車を降ると 食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more