テーマ:光一

光一くんソロコン

久しぶりの横浜アリーナソロコン 会場全てを使って、歌い踊り、話すMC35分 暑い中、会場にたどり着くだけで、ぐったりする私のような凡人とは 人種が違う ダンサーを従え、豪華な光の中センター 前で踊る姿は 孤高を感じる 六本木へ行け、とか 何度もネタにしてたけど、ガムシャラはジャニーズの原石始まりのパワー そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHOCK観てきました

今日は帝劇でSHOCK観劇 オープニングから構成がかなり変わってた ジュニアも岸優太くんの他に3人 小柄な岸くんが経験で、存在感出てきたような気がする マイクトラブルで屋良くんの見せ場が肉声になってしまった でもU列だったけど、ちゃんと聞こえたよ セリフ知ってるせいもあるけど ハラハラして頑張れって応援したくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHOCK 相変わらずのクオリティの高さだ

久しぶりに帝劇でSHOCKを鑑賞 完成度が上がっているようだ ミュージカルは、なんと言っても群舞がド迫力 特にビストルで打つ前のナンバーが好き 太鼓の時も、トモユキを挑発する踊りも好きだし 先日、宝塚を鑑賞してつくづく、思ったのは、 ジャニーズミュージカルの曲の素晴らしさである 宝塚ファンには、申し訳無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再びのSHOCK 感動MAX

光一くんファンの皆様 申し訳ない だって最前列 サブセンターだけど、文句なしに最高 前日からドキュメントDVD観て、気持ちを上げて 開始前からドキドキ 目の前にさえぎる頭がないって、 本当にSHOCKの世界に入り込んだみたいなんです 生のミュージカルの醍醐味は群舞にあると思うのですが、 眼の前に来られると、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のSHOCKはバージョンアップしてた

植草さん米花、町田くんが抜けて、前田美波里さん加入で、 どう変わるのか、楽しみでしたが 予想以上に良かった! 植草さんには申し訳ないけと、 なんか違和感あったんですよね、一人オヤジギャグで、ソロの踊りもセリフも 美波里さんは華やかで貫禄あって、良いわー 構成もかなり変わって、分かり易く 流れや感情表現がきめ細か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHOCKに感激、今年は2回目

何度観てもSHOCKは感動的だけど、 やっぱり席がいいと、迫力が違う 昨年から入った、黒の衣装の群舞がツボ 生ミュージカルの一番の醍醐味は、 群舞だと思う 一人がミスると台無しになる みんなよく知ってるから、 あの緊張感と躍動する一体感 二次元や3Dの媒体では伝わらない 今日は一人だったので、 亀&梨ポス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華麗な光一くんコンサート

派手なステージは慣れてるけど 光一くんの凝り方は半端ない 音やダンスに加えて、光 コンサートと言うより、SHOCKのSHOWTIMEがスケールアップした感じ 今年に入ってほとんど、ステージを一緒に演じてるだけに バックのダンサー達との一体感 座長へのリスペクトがにじみ出てて、 雰囲気が柔らかい 光一くんのMCは将…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光一くんの凄み 衝撃でSHOCKでした

SHOW MUST GO ON この言葉を、SHOCKを8回も観ていて、 恥ずかしながら、真剣に捉えて考えていなかった 繰り広げられる華麗さ、技の見事さ、殺陣の迫力に目を奪われ 自らの生き方に投影させて考えてもみなかった 18日の堂本光一の十年は 殴られたような衝撃だった クライマックスの1幕が終わり 呼吸さえも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHOCK真夏の舞台 キャストは皆げっそり

そもそも現在のSHOCKは、2月3月の真冬仕様の衣装で 客席では、皆セーター着てた人が、 7月は半そでブラウス一枚で観てる訳で ライトを浴びて、豪華で丈も長く、重そうであれだけ踊り、殺陣をこなし、 しゃべり、動き回る 重労働ですね それも、1日2回合計6時間も 特に光一くんは、単独主演で出ずっぱりだから 体力の消耗は激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光一くんソロコンサート

コンサートと言うより、SHOWに近い感じ? 一曲づつ、照明や装置が視覚的に華麗に 派手に作り込まれていて、 最初はオペラグラスを通して見てたけど、 段々何を伝えたいのか、解った気がして、 じっくり全体を楽しむ事にする 演じている光一くんは リアルにこの素晴らしさを観ることは不可能なので 本人のために残念ですね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHOCK今年もウルウル

昨年に続き、センターブロック通路側とかなり良い席で見られました 一番大きな違いは植草くんでしょうか 今まで一人で引っ張っていたけど、 ちょっと頼れる存在でが居てくれて安心みたいな 華奢な光一くんの身体からあふれる 大量のオーラ浴びて来ました 横の通路を通るときの厳しい精悍な表情 新堂本兄弟のコミカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more